• 気になる期間工の求人での現地での生活

    期間工の求人が日本全国各地で出ていますが、生活環境が気になるところです。



    以前はあまりきれいではない集団部屋のイメージがありましたが、たいていの期間工の求人では、集合寮やアパートといった単身用の個室を用意しているので、安心です。寮費や水道光熱費に関しては無料、または首都圏や東海圏近郊であれば一部月2万円前後いった寮費を給料から天引きになりますが、一般的な家賃よりも安く生活に困るような支出にはなりません。部屋のタイプはほとんどがワンルームで、広さ的に大きいとはいえませんが、単身で暮らすには問題ない広さです。


    新しい寮だとトイレバスにキッチン付きですが、古い寮では大浴場をはじめ共同になる場合がありますので、問い合わせの際に確認をしてみてください。
    寝具一式用意されていて、冷暖房完備、家電はテレビが各部屋付いていて、テレビや小さめの場合もありますが、冷蔵庫も完備されています。男性よりも女性寮の方がとてもきれいで、大きな会社の工場の寮ではたいてい部屋にお風呂もキッチンもついています。



    ハイシーズンで寮の部屋が不足している場合は、近場のホテルに宿泊し、送迎バスで通うこともあります。

    食事に関しては自分で自炊することも滅多になく、寮か工場では格安メニューの料理を食べることができ、中には仕出し弁当が用意されている場合もあります。



    期間工の求人の生活環境で気になるネット環境ですが、ネット回線では長期的な契約になるため、多くのひとがモバイルWi-fiルーターを利用しています。